piece of cake!


  to see the world




24時間限定リアルタイム


 
久しぶりの投稿。
 
ここ、忘れたころに活躍したりする。(笑)
 
とりあえず保留状態にしといて
いつも良かったと思う。(笑)
 
 
 
 
igを更新してたけど
最近めっきり写真が撮れなくなって、
 
文字だけ吐き出したいときが多くなった。
 
 
 
そういうのあんまり好きじゃないから
こっちに吐き出す。
 
 
なんで撮れなくなっちゃったんだろ。。。
 
いいと思えるものが撮れなくなった。
出会えなくなった。
心が動かなくなった。
 
 
撮ってる自分がつまらない
と思う写真は、好きじゃない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
強くならなきゃな って思う。
 
 
自分の中の
強さ の定義が、
モデルが、
 
変わりつつある。
 
 
 
 
 
 
 
跳ね返すわけじゃない。
 
無視するわけじゃない。
 
傷つかないわけじゃない。
 
 
 
 
ただ、
 
少しくらいじたばたしても
 
「そのとき」を読んで、
潔くありたいなと思う。
 
 
 
 
 
 
 
勝ち負けなんて考え方が
そもそも好みじゃないのだけど、
 
勝つことよりも負けない精神
 
を養いたいなと今は思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分が欲しいもの
 
 
自分の幸せ
 
 
 
がちゃんと見えてない。
 
 
だから、ちゃんと欲せれていない。
 
 
 
 
 
 
 
ちゃんと見据えて、欲して、
 
与えられるように努力しないと。
 
 
 
 
幸せになんか全然なれっこないな。(笑)
 
 
 
 
 
 
自分が一番、納得していない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いい女はいい男を引き寄せる
 
 
 
なんていうけれど、
 
 
 
 
 
今の自分にとって
 
いい女ってなんだろう。
 
 
素敵な人ってどんなだろう。
 
 
 
 
 
 
そこが見えてなかったら、
 
 
私はきっとずーっとこのまんまだ。
 
 
 
 
 
 
当たり前すぎるけど、
 
 
 
 
 
今こそ
 
自分で切り拓いていくしかない。
 
 


 
記憶って
 
案外すぐに思い出になって
 
リアルタイムからすれば
 
どうしても色褪せてしまう。
 
 
 
 
そんな当たり前のことを
 
君を見てると
 
しみじみ思う。(笑)
 
 
 
 
 
 
時が経ったね。
 
変わったね。
 
 
 
 
 
おめでとう。
 
 
きっと今日は
 
私にとっても特別な日なのです。
 
 
 


 
ゆっくり時間をかけて
 
 
大事に
 
大切に
 
 
 
 
 
それでいて
 
 
 
大胆で
 
 
潔さすら感じて。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結局、そういうのに弱い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
けど、彼は
 
 
私を必要としているわけじゃない。
 
 
 
 
 
私みたいな存在だったら
 
どこの誰でも
 
 
きっと構わないはず。
 
 
 
 
 
 
 
 
気持ちを
 
 
 
彼の方から
 
 
 
 
聞いたことがない。
 
 


 
正しい恋の始め方が
 
分からない。
 
 
 
 
 
最初から
 
 
何も知らない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
好き
 
 
って感情
 
 
 
 
 
 
恋愛としての
 
 
 
好き
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それって、
 
 
 
どれ?
 
 


 
予想外のタイミングで
 
突然ふりかかってきた。
 
 
 
避けてきたのに、
 
やっぱりぶつかってしまったかと。
 
 
 
 
 
 
でも、悔しい。
 
辞めてしまうのは悔しい。
 
 
 
 
 
どうしてあんな残念な人間に、
 
 
かわいそうな人間のために、
 
 
 
 
私が子どもたちとバイバイしなくては
 
いけないんだろう。
 
 
 
 
 
 
 
それを思うと、
 
 
子どもたちと会えなくなることを思うと、
 
 
 
 
それだけがどうも譲れなくて。。。
 
 
 
 
 
 
 
別に空手自体にほとんど未練もない。
 
 
 
 
正直、あの人間がいるというだけで
 
 
ストレスだった。
 
 
 
 
 
 
でも、それでも続けてきたのは
 
 
子どもたちがいるからだと思う。
 
 
 
 
 
 
ここまでされてほんと、
 
 
 
 
 
 
それだけが残っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
人として、
 
 
人間として、
 
 
それもいい年数を重ねてきた人間として、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
寂しくはないんだろうか。
 
 
恥ずかしくはないんだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
数十年後、
 
ああはなりたくないということだけは
 
今、唯一確かな結論。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それ以外は未知数だ。
 
 
 
どうしたもんか…
 
 
 
 
 
 
 
 
続けることが正解なのか、
 
 
 
辞めることが正解なのか、
 
 
 
 
 
自分でも本気で判断できない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
とりあえず、
 
 
彼女らは 同類 なんだなあとは思う。(笑)
 
 
 
 
 
ほんとに似た者同士。
 
 
何でもかんでも他のせいにして
 
 
外を自分に合わせようとする。
 
 
合わない自分を省みようとしない。
 
 
 
 
 
変に頑固というか、
 
傲慢さや器の小ささというか。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
腹も立つけど、
 
 
私はそのレベルにはいたくないから。
 
 
 
 
 
 
 
そんな歳になって、
 
 
 
 
こんな小娘に楯突くような
 
 
経験値の浅い人間性に仕上がりたくない。
 
 
 
 
それこそ、
 
生き恥でしょう?
 
 


 
こんな素敵な?、
 
 
少なくとも今までもより
 
かなり穏やかな最後を迎えられたのは、
 
 
 
 
 
やっぱりあなたの存在のおかげなのかな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱり、
 
 
 
 
 
どうしても、
 
 
 
心で繋がっていたい。
 
 


 
だいすきになりたくない。
 
 
だって、
 
 
怖いんだもん。
 
 
 


 
何が正解かがわからない。
 
 
でも、とりあえず明日の今頃は
 
何かしらの結論が出てるんだろうな。。。
 
 
 
 
 
 
ここまで来れたのは
 
 
間違いなくあの人のおかげなんだけどなあ…
 
 


 
この2人みてると
 
ほんと笑顔になれる。
 
 
 
なんでだろ?
 
 
 
 
 
 
もしかして本当に
 
偽りなしのものなのかなあ??
 
 
 
 
世界は綺麗と
 
言われているようで。
 
 
幸せ感満載なのかも。
 
 


 
どうしても
 
仕事のこと考えてしまうの
 
ほんとやめたい。