piece of cake!


  to see the world




24時間限定リアルタイム


 
言葉がみつからなくて
 
 
 
ただ
 
 
 
 
好き
 
 
 
 
って言いたくなる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
余裕がなくて
 
いろんな気持ちがごちゃまぜになって
 
もういろんなことがよく分からなくなって
 
 
死んでしまうかと思った
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、今気がついた
 
 
 
 
 
全然嫌じゃなかった
 
 
 
 
 
 
 
そうだ、全く嫌じゃなかった
 
 
 
 
むしろ名残惜しささえ感じてた
 
 
 
 
 
 
 
 
2人きりで
 
 
落ち着いて話せるこの時間が
 
 
 
ずっと続いてほしかったんだと思う
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでよかったんじゃないのかな
 
 
 


 
やたら、甘えてくるというか
 
優しいというか
 
 
 
 
 
長めに
 
ぎゅーーーーー…ってして
 
 
顔うずめて
 
 
キスして
 
 
おでこや鼻にも
 
ちゅってして。
 
 
 
 
 
 
これじゃあまるで本当に彼氏みたいじゃん
 
 
 
 
と思っていたけど、
 
 
 
 
あれはお別れのサインだったのかな
 
 
と感じてきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
仕事中じゃないのに
 
折り返しの電話がないし、
 
 
 
 
たしかに夜遅かったけど
 
LINEが既読にならない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
せめて、
 
 
ちゃんとお別れを言いたかった。
 
 
ちゃんとありがとうって言いたかったな。
 
 
 


 
もしもそれがほんとに合っていたら…
 
 
 
 
 
 
え?なんで?
 
 
なんでそんなことに?
 
 
 
 
え。ちょっと待って。
 
ん???←混乱
 
 
 
 
賢くて、優しい
 
 
 
 
 
 
 
なんとなく、教授っぽいというか
 
 
研究者っぽい感じだなあとは思ってたけど
 
 
 
 
 
え?いや、うーん?
 
 
 
 
すごく理想すぎて怖い
 
 
 


 
よねがくれたポーチ
 
デパートまわってて
迷って買わずにいたら、
後で買っておいてくれて
プレゼントしてくれたもの
 
何でもない日にくれた贈り物
 
 
 
 
 
それをやっと
 
新しいポーチに変えた
 
 
 
 
あれから何年経ったんだろう
 
 
 
 
 
 
 
 
やっと変えたんだけど、
 
 
 
 
しまってしまうのが悲しすぎて
 
 
しまうことを考えたら
 
涙が出てきて
 
 
 
ましてや処分することなんか
 
考えられなくて
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会いたいよ
 
 
今でも
 
 
 
 
わたしは君を想うと
 
 
涙が出てきてしまうほど
 
 
 
 
 
大切で、
 
大切で、
 
愛しくて、
 
尊くて、
 
 
仕方がないよ
 
 
 
 
 
 
会いたいよ
 
 


 
「いや、あれはほんと
 
  図星とかじゃなくてね、
 
  おこ だからね、おこ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あぁもう。。。
 
 
 
 
可愛すぎて完敗…_| ̄|○
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
センターC判定だけど
 
二次試験受けに行く気分。。。
 
 
 
 
我ながら的確すぎか。
 
 


 
君の気配のない毎日が
 
 
 
日常になって
 
 
 
 
 
 
そうやって忘れていくんだな
 
 
大丈夫になっていくんだなと思ったけど
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでいいのかなって
 
どこか思っている自分も
 
 
 
20%くらい居たりして。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まぁでも、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結局はなるようにしかならんよね。
 
 


 
純粋的な面で
 
学生時代みたいな恋愛したいな
 
 
って思った!
 
 
 
 
 
 
 
好きで好きでたまらなくて
 
 
相手のことを信じてて
 
 
 
っていうやつ。
 
 
 
 
 
 
 
誰かのことを
 
大好きになりたいなあ。
 
 
 


 
 
は?
その電話いる?
 
 
無意味なことじゃない?
 
 
よくわかんない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱり良くないな。
 
 
 
 
精神的に
 
さよなら しないと。
 
 
 


 
 
怒るよー?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
って言葉が
 
 
自分かと思ってびっくりした。
 
 
 
 
 
 
 
 
似てるけど似てない。
 
 
 
 
 
 
不思議な感覚。
 
不思議な距離感。
 
 
 
 


 
 
 
「もし愛する人と出逢えたら
 
 
  あなたの心の全てで
 
 
  愛してください」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
96年間生きてきた人が
 
 
涙を流して伝えたかったこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
誰かを愛したい
 
 
 
自分の全部で愛したい
 
 
 
 
 
 
 
そんな欲が湧いてきている今日この頃。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなふうに切り替われたのも
 
 
 
 
 
 
君に出逢ったからなんです。
 
 
 
 
 
 
 
それは
 
これから何があっても
 
 
 
変わらない事実なわけで。
 
 
 
 
 
 
 
 
大事にしたい。